話す・シェアする 未来のふつうの食生活  終了しました。

サードエイジ の生活を考える会 勉強会        終了しました。 

話す・シェアする 未来のふつうの食生活

「生活」の中心にある毎日の行為なの に、なかなか人に話すことがないふだんの食事。 日常の食をアウトプット(話す)する ことで「自分はどう暮らしたいのか?」 を考える、実践栄養学のワークショッ プ。
料理が得意でないと感じている人 も、定年を機に料理を始めたい男性も、 ここに来れば明日からの食事に自信が もてる! キッチンと食をシェアする のは楽しい。
私がしたい未来のふつうの食事、そして生活を見つける料理

日 時  11 月 23 日(土) 11:30-14:00
会 場  ROUTE BOOKS
    https://route-books.com
    東京都台東区東上野 4-14-3 Route Common 2F 上野駅入谷口から徒歩 5 分

講師  栄養士 たかはし かよこ

参加費 4,000 円(軽食、スパイスのお土産、テキスト付き)
定 員  18 名

サードエイジ の生活を考える会とは

「クルーア軽井沢」は、 12戸のテラスハウス ( 長屋 ) と共有で使う コモンハウスからなる サードエイジ向けの住宅群。2021年の完成を目指しています。
「サードエイジの生活を考える会」は設計にあたる一級建築士事務所 PLAN の齋藤光代が、1990年代にデンマークで立ち上げた勉強会 です。PLAN がデンマークで複数 手がけてきたのは、「自分はどう暮 らしたい か?」を勉強会を通じて一緒に考え、住む前 から顔見知りに なり、ゆるくつながるコミュ ニティのある暮らしをともにつくってい く、 そんな少し回り道だけれど成熟した方法による住宅群。 この勉強会にご参加いただき、「クルーア軽井沢」を通して暮らしを考えるプレーヤーになっていただ けたらうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen − 5 =